アルツハイマーを事前に予防│意識やサプリで変える未来

家族

多面的な予防が大切です

ファミリー

アルツハイマーの予防の一つとしてDHAやEPAの摂取が挙げられますが、青身魚の缶詰めを利用すると安価かつ手軽だけでなく、効果的です。その他の予防として、運動、睡眠なども挙げられますが、社会との繋がりや趣味を持つことも大切な予防法として挙げられます。

生涯現役でいるために

中年男性

予防の観点

アルツハイマー病は認知症の中の大半を占めている病です。認知症は国民病と呼ばれるくらい患者およびその予備軍の数が急上昇しています。予防の観点で注意することはたくさんあります。アルツハイマー病は脳が委縮して、脳の機能を損なう病気です。予防の観点できることは、一言でいえば頭をもっとよく使うということです。読書、勉強、暗記、将棋や囲碁、など頭を使う行為を行う。また、体を動かすことは脳の働きと連動しているので、体をよく動かすこともアルツハイマー病の予防につながります。運動、さらに言うと、テニスやサッカーといった比較的頭を使うスポーツが効果的です。体を動かすという意味では楽器の演奏は、頭と体の動きを連動させるので、アルツハイマー病の予防に効果的です。また、アルツハイマーに効くサプリを日頃から摂取しておくことで、予防することもできます。

発症予防のための活動

いま、アルツハイマー病の予防のために多くの医薬品、サプリメント、等が人気を博しています。DHAなどのアルツハイマー病の予防に効くといわれるサプリメントが売れていたり、脳のトレーニングに聞くようなスマホアプリやゲームソフトがたくさん出ているのも病気予防に注目が集まっているからだと思われます。現代病に対しての予防に関しては一つの予防医療の産業としてビジネスを展開している会社も多いと思われます。予防医療に人気がある最大の理由は、アルツハイマー病になったときの状況の伝え方が悲惨で、人格が崩壊し、介護する側もものすごい負担がかかるというイメージが定着していることにより何としても、予防しなくてはという気持ちを人々に与えているのが人気の最大の理由であると思います。実際問題介護が大変という側面があるのは否定できないので、効果的に予防できれば良いと思います。

生薬で健康になろう

漢方

更年期障害は、ホルモンの減少によって起こります。その症状を改善するのには薬品を使用するより漢方の方が副作用もなく安心です。その症状によって多く使われる漢方は3種類あります。他にさまざまな種類がありますが、薬剤師や医師に相談することが大切です。

婦人科を受診しましょう

男の人

女性の更年期障害は人それぞれ症状が違うものの、全ての女性に起こります。主な症状として、自律神経失調症と抑うつ症状があり、これらの辛い症状を緩和するために婦人科を受診すれば、ホルモン補充療法や薬物療法、そしてカウンセリング等の治療を受けることができます。